← topに戻る

  八ヶ岳の蜜源樹木とはちみつ  

ミツバチが利用する樹木と草花には、2種類あります。
  ・蜜を採取する蜜源
  ・花粉を採取する花粉源

特に日本ミツバチは、自然の樹木の花を蜜源&花粉源としています。
八ヶ岳に自生する樹木で、日本ミツバチが特に好む樹木は40種類、
時々利用するのも合わせると 80-90種類はあるようです。

ミツバチが好む樹木も植えれば、より多種多様な生物が豊かな地域になるとおもいます。



・環境の良いところでは利用されない草木でも、条件の厳しいところでは利用するなど、
 地域の条件によって、蜜源は違います。
    例えば、クヌギ、コナラはアジアでは蜜源ですが、日本では確認されていません。
    またダンコウバイは、標高の高い所では蜜源となっています。


【はちみつ】ノート
  ・はちみつが腐らない理由は、Phが約3.7と低いので、バクテリア(細菌)が繁殖ができないからです。
  ・外来種から採集された蜂蜜でも、アレルギー源になるとは考えられていません。
  ・草木による毒性のある蜜も、一般には薄められるため、問題はありません。
  ・消毒などされた草木からは、ミツバチは蜜などの採取をしないようです。