← topに戻る

  ポット苗で植樹、 ポット苗の利用例  
    

多様性に富んだ広葉樹の里山復活の植林や、小さな空間にポット苗の植林が行われています。 
詳しくは こちらをごらんください。
  

     

<ポット苗で、八ヶ岳の里山復活>

八ヶ岳大泉町のいずみライン沿いで、ポット苗を使った植林が9月に行われました。
30数年前に道路を作った際、削り取られた土地の里山復活の森作りです。
(協力:NPO法人八ヶ岳南麓景観を考える会、PDO建築事務所)

自然の森復活に、ポット苗を推奨する宮脇昭氏の植林方法に従って、多種多様の樹種を混植密植しました。



いろいろな種類のポット苗木。
  高木、亜高木、低木
  花のきれいなもの、実のきれいなもの・・・。
  乾燥地、湿り気の好きなもの。
  陽樹、陰樹など多種多様です。

1uに3−4本の目安で植えました。



ポットなので、植えるのが簡単で、
笑い声あり、おしゃべりありの
楽しい植樹となりました。



低木、亜高木、高木を混植密植しました。
競争させて成長をうながします。

赤ん坊の森ができあがり。



そして、2年半後の夏



<小さな空間に植林:  斜面にポット苗木>

地面がむき出しになってしまった斜面に植林した例です。 詳しくはこちら



1m幅くらいなので、際を低木に、真ん中に高木の苗を植えるようにしました。
ご覧のように、自然の森の雰囲気になりました。 
もうすぐ落ち葉の季節。 きっと周囲の自然に溶け込んだ風景になります。

小さな空間があればできる森づくりです。


<樹木の苔玉づくり>

ポット苗でこんな素敵な苔玉ができます。 詳しくはこちら
樹木の苔玉


 若いポット苗2本でつくったもの。
葉の形や樹形を組み合わせながら。