← topに戻る

  1
1uからの森、雑木林の目隠し
 


「自然の森のような庭にしたい」
「小鳥や野草がある庭にしたい。」が・・・ 広さがないからと諦めないでください。
1uの空間があれば、小さな森が出来ます。
庭の片隅から、始めて見ませんか?


「太陽光発電の周囲に植えたい、目隠しに雑木林を作りたい」
「建物や道路を、枝越の風景にしたい」
「樹木で、騒音を減らしたい、風も弱めたい」
ポット苗を用いれば、自然度満点の雑木林や垣根ができます。

<小さな森、雑木林の作り方>

  ・1uにポット苗3本を目安に植えます。(ポット苗は、高さ30以上になれば移植適期)
    たくさん植えれば、密度の高い垣根に
  ・理想的には深さ30cmほど土をやわかくし、そこに、ポット苗を植えます。
  ・乾燥しないように、表面を藁や落ち葉で覆うと、雑草も防ぎます。
家の入り口に植樹
幼木が育つにつれて、木陰ができると、野草も育ちやすくなります。
落ち葉はそのままにしておくと、腐葉土になり、バランスの取れた豊かな土になります。
 春の庭
1uの森をつなげていくと、森がだんだん大きくなっていきます。
低木高木を混ぜて植えると、効果的な目隠し林に。
たった一本の木があるだけでも変わる風景。 しかも、毎年の成長が楽しみなポット苗です。